クレジットカードの不安解決

TOP

クレジットカードに対する不安を解決できる様々な情報を掲載しています。

総量規制でもクレジットカード現金化ならいける

クレジットカード決済の機器総量規制のおかげでキャッシングは無尽蔵に行えるものではなくなってしまいました。多重債務者救済という名目ではありますが、自転車操業で何とか生活を送っていた人にとっては総量規制など迷惑なだけなのではないでしょうか。総量規制に引っ掛かっている。でもお金は欲しい。そのような時にお勧めなのがクレジットカード現金化です。クレジットカード現金化は決して違法ではありません。グレーゾーンではありますが、罰則はありません。更には総量規制とはいわば別枠でもあるキャッシング枠で商品を購入し、売却して現金にするものですので決して難しいものではありません。ですが、どれだけの現金になるのかは腕の見せ所です。例えば50,000円の物を購入したとして、どれだけの現金になるのか。人気の物であれば高く売れますし、人気の無い物は売れないでしょう。つまり、クレジットカード現金化は高く売れそうなものをクレジットカードで購入して売却すれば良いのです。


クレジットカード現金化の事を徹底解説!現金化コンシェルジュ

クレジットカード現金化がバレる理由

財布から現金を取り出すクレジットカード現金化がバレてしまったら…と危惧している人も多いかもしれませんが、クレジットカード現金化がバレる理由はショッピングの方法にあります。クレジットカードで商品を購入する際、信販会社に何を購入するのかコンピューターが承認を求めて情報を発信します。その際、普段の買い物の傾向と明らかに異なる物や、高額商品の買い物が多い場合、信販会社のコンピューターとしてもどうしても警戒してしまいます。そこで承認が下りず、結局はクレジットカード現金化を疑われてクレジットカードの使用停止になってしまうケースがあります。現金化がバレるというよりも現金化を疑われてしまうということです。この事態を回避するためには、現金化の際にあからさま過ぎるようなことは控えるべきです。信販会社のコンピューターを刺激しない程度の買い物が求められますので、急に何十万円もの買い物を繰り返すようなことは控えた方が無難です。覚えておきましょう。

クレジットカードを退会する場合

契約書に判子を押すとても便利なクレジットカードですが、何らかの事情で退会を考えるケースもあるでしょう。退会の方法は信販会社に連絡するだけですので決して難しくはありませんが、年会費無料のクレジットカードであれば持っていてもデメリットにはなりませんのでわざわざ退会する必要はありません。ですが有料のクレジットカードの場合、使わなくとも会費がかかりますので退会しなければ延々と会費だけがかかりますので退会しておいた方が良いでしょう。有料と無料の両方が用意されているクレジットカードの場合、有料ではなく無料の方に切り替えるという手法もあります。いずれにせよ有料のクレジットカードを退会する場合には必ずクレジットカードを発行している信販会社に連絡を入れるようにしましょう。連絡を入れなければいつまで経っても延々とお金だけを支払い続けることになってしまいますので余計な出費となってしまいます。退会してもデメリットはありませんので使わないのであれば退会しましょう。

クレジットカード現金化にデメリットはないのか

複数のクレジットカード所有クレジットカード現金化そのものに興味はあるものの、デメリットもあるのではないかと警戒している人もいるかもしれませんが、クレジットカード現金化のデメリットは一つだけあります。信販会社にクレジットカード現金化を疑われた場合、使用停止になってしまうリスクがあります。特に近年、クレジットカード現金化に関してはどの信販会社も警戒心を強めているのですが、あからさまに高額なものですとか、普段では購入しないようなものであれば警戒されてしまいますが、信販会社とて物を購入してもらった方が自分たちの利益になりますので、決して何もかも禁止されるという訳ではありません。そもそも、現金化なのかどうかは自分自身が言わなければ分かりません。例え現金化目的であったとしても、表面上は「自分で使用する」と言えば第三者はどうにもなりませんので、クレジットカード現金化はデメリットらしいデメリットは見当たりません。ショッピング枠に余裕があれば簡単にできるのです。

クレジットカード現金化の狙い目

車をキャッシュで払うクレジットカードの現金化を考えているのであれば、一体何を購入すれば良いのでしょうか。世の中には様々な物が溢れていますのでクレジットカード現金化をと思っても何を購入すれば良いのか分からない人が多いでしょう。現金化に向いている物と向いていない物があり、向いているのは金券や家電です。特にスマートフォンは人気です。家電量販店で購入すればポイントも加算されますし、スマートフォン人気のおかげで高値で売却出来ます。こちらが昨今の狙い目と言われています。金券も狙い目です。金券の場合、クレジットカードで購入出来るのかどうかという問題もありますが、購入出来るものであれば金券ショップに持って行けばすぐにでも買取ってもらえますので、こちらも狙い目です。逆に向いていないのは消耗品です。そもそもどのような物であれ、一度使用してしまったものは高値では売却出来ませんので、アパレルは向いていませんこのように考えていくと、何が良いのか見えてきます。

クレジットカードの有効期限には気を付けよう

ネットでクレジットカード決済クレジットカードを持つためには審査を受けて通過しなければなりませんが、一度審査に通過したからといって永久にクレジットカードを保持出来る訳ではありません。クレジットカードを見てみると分かるのですが、有効期限が明記されています。当たり前ですが、有効期限が切れたクレジットカードは使えません。クレジットカードは有効期限までの期間限定ではあるのですが、普通に利用している分であれば有効期限が近付いてくると新しいクレジットカードを配達証明で郵送してくれます。ですが支払いが滞りがちだったりすると、新しいクレジットカードが送られてこない可能性もあります。信販会社としてもお金を返済出来ないような人にクレジットカードを使ってもらいたいとは思っていませんので、クレジットカードを持ち続けるためには返済期日を忘れないようにしましょう。それだけを遵守していれば、まず新しいクレジットカードが送られてこないことはありません。

カテゴリー

フリースペース

サイトマップ